生命・医療共済

生命共済・医療共済の「健康体の条件」

全教共済は「健康体の条件」を給付申請時に確認します
※2015年4月実施で検討中の内容です。

生命共済、医療共済には民間保険のような「健康告知」はありませんが、下記の「健康体の条件」を設定しています。

新規加入や増口時には必ずご自身で「健康体の条件」に該当しないかご確認のうえ、お申込ください。全教共済では新規加入または増口後2年未満の給付申請について、申請時に提出していただく「健康体の状況質問書」に基づき確認します。その際、「健康体の条件」に該当していたことが判明した場合、給付できません。「健康体の状況質問書」に虚偽があるなど故意または重大な過失があった場合には契約は解除となり、掛金は返還しません。


●「健康体の条件」の確認(下記の4条件に該当しないこと)
@ 申込締切日の 前1ヵ月間に 月4日以上の通院(風邪や軽度のケガは除く)をした。
A 入院した。
B 1か月前から遡る半年間に 連続14日以上の入院、病休または安静加療した。
C 1か月前から遡る1年間に 開頭(穿頭術を含む)、開腹(腹腔鏡手術を含む)または開胸の手術を受けた。

●生命共済・医療共済の「健康体の条件」

医療共済では、右表に示す「特定部位」や「特定疾病」に限定して「健康体の条件」を確認します。
申込時に「健康体の条件」に該当した方が、新規加入や増口後2年未満に、同じ「特定部位」の病気・ケガ、「特定疾病」で給付申請した場合は給付されません。

ケース@  加入申込締切日の1ヶ月間に「胃潰瘍」のために月4日以上通院した人が、医療共済加入後2年未満に「十二指腸潰瘍」となって給付申請した。
⇒胃と十二指腸潰瘍は、異なる部位であるため、給付されます。
ケースA  加入申込締切日1ヶ月前から遡る6ヶ月間に「脳梗塞」のため連続14日以上入院した人が、医療共済加入後2年未満に「脳出血」で給付申請した。
⇒「脳梗塞」と「脳出血」は異なる病気ですが、部位が同一であるため、給付されません。

「特定部位」
分類 区別 特定部位 分類 区別 特定部位
頭部 - 頭蓋骨(上顎骨、下顎骨を含む)頭蓋内・脳 胴体 骨盤部/腰部 - 尿管・膀胱および尿道
- 甲状腺及び副甲状腺 - 前立腺
右・左 眼球、視神経及び眼球付属器 - 鼠径部(鼠径ヘルニア、陰嚢ヘルニアまたは大腿ヘルニアが生じた場合に限る)
右・左 耳(外耳、鼓膜、中耳、内耳、聴神経、乳様突起を含む) - 陰嚢(睾丸、副睾丸、精管、精索、精嚢を含む)および陰茎
- 鼻(副鼻腔を含む) 子宮(異常妊娠、異常分娩、帝王切開を含む)
- 口腔、歯、歯肉、舌、顎下線、耳下腺および舌下線 - 卵巣、卵管および子宮付属器
頚部 - 咽頭および喉頭(扁桃、声帯を含む) - 膣および外陰部
- 頸椎(椎間板、椎間関節)、頚部(筋肉、腱、神経) 背部 - 腰椎(椎間板、椎間関節)、腰部の筋肉、腱、神経
胴体 胸部 - 食道および横隔膜 - 仙骨部(当該神経を含む)、尾骨部および骨盤
- 肺臓、胸膜 上肢 右・左 肘(関節部)
- 気管および気管支 右・左 上腕
右・左 乳房、乳腺 右・左 前腕
- 心臓 右・左 手首関節・手
- 胸郭(肋骨、胸骨を含む)および縦隔 右・左 手指
- 胸椎(椎間板、椎間関節) 右・左 肩関節部(鎖骨、肩甲骨を含む)
腹部 - 盲腸(虫様突起) 下肢 右・左 股間節部
- 右・左 臀部
- 小腸 右・左 膝(膝関節)
- 十二指腸および空腸・回腸(小腸) 右・左 大腿
- 肝臓 右・左 下腿
- 胆嚢、胆管 右・左 足(関節部)
- 門脈および食道静脈 右・左 足部
- 膵臓 右・左 足趾
- 脾臓 共通 - 骨、軟骨、関節および腱
- 腹膜、後腹膜、臍および腸間膜 共通 - 皮膚(頭皮、口唇を含む)および皮下組織
右・左 腎臓、副腎
- 大腸(結腸)

「特定疾病」
部位に該当しない疾病等 悪性新生物 白血病、骨髄腫
血液、代謝および内分泌疾病 貧血、多血症、骨髄線維症、紫斑病、血友病、糖尿病、痛風、高尿酸血症、脂質異常症、高脂血症、骨髄異形成症候群
血圧の異常および血管の疾患 高血圧、低血圧(本態性以外)、動脈硬化症、動脈瘤、血栓症、静脈瘤、大動脈炎症候群
その他の疾患 膠原病、リウマチ、骨粗しょう症、骨軟化症、後縦靭帯骨化症、免疫不全症候群、HIV抗体検査陽性、肺外結核

●生命共済の給付内容
共済金(給付金)
共済金の種類 1口あたりの給付金額
70歳以下 71歳以上
死亡 一般 1,000,000円 600,000円
交通事故公務災害 1,500,000円 900,000円
後遺障害 1級 500,000円
〜14級 10,000円
1級 300,000円
〜14級 10,000円
死亡見舞金 10,000円※
人間ドック補助金 2,000円を限度に実費補助(61歳以上)
※健康体の条件に該当した場合、及び胎児契約者が死亡した場合は、死亡給付金は給付されません。

●医療共済の給付内容
※ 2008年8月1日以降に事由発生した場合の内容です。







共済金の種類 給付金額 備考





1




悪性新生物入院 1日 2,000円 共済期間1年につき180日限度(悪性新生物と一般疾病・傷害を通算)※66歳以上は120日限度。
一般疾病・傷害入院 1日 1,000円
長期入院見舞金 30,000円 連続181日以上の入院。ただし、66歳以上は連続121日以上の入院。(2015年8月以降の事由発生より)
手術見舞金 最高50,000円 国内の手術に限る。
公的医療保険の診療報酬点数800点以上の手術が対象。(2014年8月以降の事由発生より)ただし、対象外手術もあり。
臓器移植見舞金 20,000円 配偶者および二親等内の血族への国内での移植。
出産祝金 2,000円 女性加入者のみ。(子ども契約は含まず)
死亡見舞金3,000円 一括払い者は、死亡時の翌年度以降の残掛金の66%















先進医療技術料 技術料実額(年間通算2,000万円限度)

@厚生労働大臣が定める高度の医療技術をもちいた療養。
A厚生労働大臣が定める医療機関で行われたものが対象。

諸費用共済金 技術料の10%
(1回最高40万円)
死亡見舞金 死亡時の翌年度以降の残掛金の66% 一括払い者のみ。
*2014年度をもって「終身タイプ」への加入以外の一括払契約は終了しました。

給付申請の仕方


●医療共済終身タイプの給付内容





●共済金の種類(66歳以上)
給付内容 給付金額
(1口あたり)
備考
入院 悪性新生物 1日 2,000円 40歳〜65歳 :180日限度 ※1
66歳〜 :120日限度 ※1
※1 共済期間7年につき
(悪性新生物と一般疾病・傷害を通算)
一般疾病・傷害 1日 1,000円
長期入院見舞金 30,000円 40歳〜65歳 :181日以上
66歳〜 :121日以上の連続した長期入院が対象
手術見舞金 最高 50,000円 国内の手術に限る。
公的医療保険の診療報酬点数800点以上の手術が対象。(2014年8月以降の事由発生より)ただし、対象外手術もあり。
臓器移植見舞金 20,000円 配偶者および二親等内の血族への国内での移植
先進医療
※2
技術料 2,000万円限度※3 技術料の実額を給付
注 : 厚生労働大臣定める高度の医療技術をもちいた療養であり、厚生労働大臣が定める医療機関で行われたものが対象
諸費用共済金 技術料の10%
(1回につき40万円限度)
※1:別途「死亡給付金額表」によります。
※2:終身タイプの先進医療は、別途掛金なしで自動的に付帯され、加入時から保障されます。
※3:終身タイプの先進医療は、加入時から終身の全期間通算しての給付限度額になります。
◇全教共済所定の医師の証明書原本または病院の証明書原本について5,000円+消費税を上限とした実費補助があります。(コピー、他生損保用紙は不可)。

給付申請の仕方

「生命・医療・傷害共済給付申請書」は職場担当者または大教済からお受け取りください。職場に配付されている「全教共済のてびき」の「提出書類」をコピーしても結構です。申請書に必要事項を記入し、必要な添付書類とともに、職場の担当者に手渡しするか、または、大教済に送付してください。


ご注意 給付金を請求できる期間は、給付事由の発生日から3年間です。
掛金は、自主共済のため年末調整の保険料控除の対象にはなりません。






全教共済・大教済 主な共済・保険の募集ラインナップ


募集時期と加入方法 締切と発効日 掛金振替方法
全教共済
総合共済
毎月募集
申込書を提出
毎月15日
翌月1日発効
毎月600円給与振替または口座振替
全教共済
生命・医療共済
傷害共済
(1) 春募集
申込書を提出
(1) 2月〜6月まで
毎月末締切
翌々月1日発行
毎月給与振替または口座振替
(1) 春募集
加入月〜7月
(2) 6月に職場一括募集
 変更がなければ前年度内容で継続。
申込書を提出
(2) 6月20日
8月1日発効
毎月給与振替または口座振替
(2) 6月募集
8月〜翌年7月
(3) 10月に特別募集
申込書を提出
(3) 11月15日(予定)
1月1日発効
毎月給与振替または口座振替
(3) 10月募集
翌年1月〜7月
全教共済
火災共済
(1) 6月に職場一括募集
 変更がなければ前年度内容で継続。
申込書を提出
(1) 6月20日
8月1日発効
毎月給与振替または口座振替
(1) 6月募集
8月〜翌年7月
(2) 随時募集
<1> 申込用の郵便振込用紙を掛金とともに郵便局窓口へ
<2> 申込書を提出
(2) <1> 随時締切・郵便振込の翌日から補償
<2> 毎月15日締切
翌月1日発行
(2) <1> 郵便振込(一括払い)
<2> 給与もしくは口座より一括払い
翌年度分からは、毎月給与振替または口座振替
全教共済
年金共済
年2回(5月・11月)
申込書を提出
(1)5月20日

(2)11月20日
毎月給与振替または口座振替。一時払いは、1月・7月に月払い分と合わせて振替
全教共済
教職員
賠償責任共済
(1) 新規加入は毎月募集
申込書を提出
(2) 12月に満期案内(自動継続)を配布
毎月15日
翌月1日加入(満期は3月31日)
(1) 加入月に給与振替または口座振替
(2) 満期後は毎年3月に給与振替または口座振替
全教共済
くらしの賠償
責任共済
(1) 新規加入は毎月募集
申込書を提出
(2) 12月に満期案内(自動継続)を配布
毎月15日
翌月1日加入(満期は3月31日)
(1) 加入月に給与振替または口座振替
(2) 満期後は毎年3月に給与振替または口座振替
大教済
じてんしゃ保険
(1) 新規加入は毎月募集
申込書を提出
(2) 11月に満期案内(自動継続)を配布
毎月15日締切・翌月1日加入(満期は12月31日)
(1) 加入月に給与振替または口座振替
(2) 満期後は毎年1月に給与振替または口座振替
大教済
自動車保険
随時受付
車検証・保険証券コピーを大教済へ。電話でも見積りできます。
満期日で引き継ぎ・発効。新規加入は、補償開始日を予約できます。 補償開始月の2ヵ月後から毎月給与振替または口座振替(年払いも可能)
※:募集代理店 大教済




お問い合わせは 大阪教職員組合共済会
〒543-0021 大阪市天王寺区東高津町11番9号2階 (上本町ビル2階)
TEL 06-6768-4326 FAX 06-6768-9286